大阪エリア別で選ぶおすすめの屋根修理業者

地域別おすすめ屋根修理業者ガイドin大阪 » 大阪の雨漏り事情&おすすめ修理業者紹介 » こんな屋根が雨漏り予備軍!

こんな屋根が雨漏り予備軍!

あなたの大切な家が、実は雨漏りのリスクを抱えているかもしれません。ここではご自分で雨漏りの危険性をチェックする方法をご紹介します。

雨漏りのリスクは屋根を見なくてもわかる?

雨漏りの原因はもちろん屋根が劣化している、あるいは損傷しているケースが多いですが、それ以外にも考えられる原因はさまざまです。

屋上の排水口が詰まっていて雨水が排出されないと、溜まった水が屋内に入ってくることがあるのです。

サッシなどは防水テープやコーキングが劣化することで、そこから水が漏れて屋内に入ってくる場合があります。また、ごくたまに施工時の防水やコーキング処理が不十分で雨漏りが起こることもあり得るのです。

ベランダやバルコニーは床がひび割れを起こしていたり、排水溝が詰まったりすることで雨漏りになる危険性があります。

他にも、出窓やトップライト、ひさし、換気扇、煙突など、家のさまざまな箇所が雨漏りの原因となり得るのです。

雨漏りセルフチェック方法

雨漏りを防ぐために、自分でチェックする方法があります。ぜひ参考にし、今すぐ実践してみてください。

まず、天井や内壁にシミがないか、壁紙が浮き出ていないかをチェックしてください。もしシミや浮きがある場合は、雨水が室内に染み入っている可能性があります。

押し入れやクローゼットにカビが発生していないかも確認しましょう。カビが発生していたら、同様に雨水が侵入して湿らせている可能性があります。

雨の日にサッシに雫が溜まっていると、サッシの合間から雨水が侵入している可能性大。他にも外壁が変色していたり、家にシロアリが発生していたりする場合も要注意です。

こうした異変があった場合は、今は雨漏りをしていなくても近い将来雨漏りが発生する可能性が大きいと言えるでしょう。

雨漏りをして大幅な修繕が必要になる前に、プロに依頼してまずは屋根をチェックしてもらいましょう。早ければ早いほど工事も小規模で済みますし、費用も抑えられます。

屋根修理を業者へ依頼すべき5つのタイミング

1. 住宅に屋根の異常を知らせる症状が現れたとき

屋根・屋根周辺、もしくは住宅内に次のような症状があらわれたときは屋根修理のタイミングです。

  • 軒天や軒先にシミまたは汚れがある
  • 雨どいから水があふれている
  • 家の中がカビ臭い
  • 天井にシミのようなものがある
  • 雨漏りしている
  • 屋根塗装のタイミング

屋根と外壁の間にある軒天は、雨水や風を受けて傷みやすい箇所です。軒天にシミや汚れが出てきたら、軒天が剥がれ落ちてきてしまう前に改修工事をしてもらいましょう。雨どいから水があふれてくるときには、雨どいの中が詰まっていたり、雨どい自体が壊れていることが考えられます。

家の中がカビ臭い、天井にシミのようなものがあるときには、屋根内部または外壁で雨漏りが発生している可能性があります。本格的な雨漏りが発生する前に、屋根および雨漏り個所を修理しましょう。

屋根を見て、表面に光沢がなくなってきたら塗装の時期です。まだ焦る段階ではありませんが、さらに屋根の色が白くなり、表面に粉を吹く「チョーキング」が現れる前に屋根の塗装をしましょう。

2. 梅雨前の時期

梅雨の前の屋根修理はとても重要な意味を持ちます。

近年、梅雨時期の大雨による災害が増えていて、強い雨が長時間降り続くことで、それまで軽微だった雨漏りが室内まで影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。雨漏りは住宅にとって大敵です。侵入した雨水が住宅の木材を腐らしてしまうほか、濡れた木材から白アリの被害が拡大してしまうこともあります。

さらに梅雨時期の雨漏り修理は「天候が不安定で作業が進まない」という難点もはらんでおり、このようなことになる前に、毎年5月には屋根修理業者による点検を受けたほうがよいでしょう。

3. トタン屋根の修理タイミング

住宅に使用している屋根材によって、修理のタイミングが異なります。

トタン屋根の場合、屋根が浮いてきているように見える、屋根材が錆びてきている、風が吹くと屋根から金属のぶつかる音がするといった症状が出たら修理のタイミングです。

特に注意しておきたいのが、屋根を止めている釘の部分です。釘が徐々に浮いてきてそこから雨漏りが発生することもあります。釘は錆の発生しやすい部分でもあるので、数年おきにチェックしておくとよいでしょう。

そして建築から20年ほどで錆が出ると、葺き替えなどの大規模な修理が必要になります。

4. スレート屋根の修理タイミング

スレートが割れている箇所がある、塗装が剥げてきている、一部にコケやカビが生えているといったような症状が出てきたら修理のタイミングです。

トタンよりも耐久性に優れていますが、新築から10年おきに点検・修理を行うとよいでしょう。スレート屋根は建築から20~25年で大規模な修理が必要になります。

5. 瓦屋根の修理タイミング

瓦屋根は耐久性にとても優れており、瓦そのものは100年以上もつといわれています。

しかし、瓦の下にある屋根の下地や防水シートの耐用年数は30年ほどです。そのため、約30年ごとに屋根を葺き替えなければいけません。

その他、瓦屋根は他の屋根材とは異なり細かな手入れが必要です。瓦がずれている、割れている、漆喰がはがれている、瓦の一部が変色しているといったような症状があるときにはすぐに点検・修理を依頼しましょう。

屋根修理依頼の注意点

屋根修理の依頼から工事完了までは、意外に時間がかかります。ですから、屋根修理が必要なときにはすぐ業者に修理を依頼しましょう。

屋根修理を依頼する際、業者の選定で時間がかかる

屋根修理の見積もりには必ず現地調査を必要とします。また、複数の業者に修理見積を依頼する「相見積もり」を利用すると、それぞれの業者から見積内容や工事内容について説明を受けなければいけません。

天候による工事進行

実際に工事が始まっても、天候によっては思ったように工事が進まないこともあるでしょう。

とくに梅雨前は屋根修理業者に依頼が殺到するため、5月中に工事を終えたいのなら、4月には申し込みを終えておきましょう。

この記事の関連ページ