大阪エリア別で選ぶおすすめの屋根修理業者

地域別おすすめ屋根修理業者ガイドin大阪 » 大阪の雨漏り事情&おすすめ修理業者紹介 » 放置しているとどうなる?

放置しているとどうなる?

雨漏りをそのままにしておくと大切な家の寿命が短くなるだけでなく、健康などさまざまな被害が発生します。こちらでは雨漏りを放置することによって起こりうる悪影響をご説明します。

雨漏り放置は百害あって一利なし

雨漏り

雨漏りを放置しておくと、当然家屋の中に雨水が侵入してきますので、家財道具が濡れることになります。

高かった家具が傷んだり、大切な家電製品がショートしたりして壊れることもありますし、コンセントなどに雨水が入り込むと漏電を起こして火災の原因となってしまうのです。

漏電ブレーカーを使用していると早めに漏電を察知することができますが、漏電に気づかずに放置しておくと非常に危険な事態を引き起こしかねません。

特に雨が降った前後に蛍光灯や電球の調子が悪くなった場合、漏電を起こしている可能性があります。住宅の電気配線は普段確認する機会が少なく、異常が発生していても気づきにくいので、漏電を疑うような症状があった場合は早めに安全点検を心がけることが大切です。

また、家具や電化製品の被害だけでなく、直接雨水が触れない部分にも注意が必要です。壁や背面に接した部分からの浸水は、収納や電化製品の内部に湿気が溜まるため、保管している大切な衣服やバッグ等にカビや劣化が生じる大きな原因になります。

雨漏りの範囲が広がることによる悪影響

さらに雨漏りの範囲が広がると大切な家全体に悪影響が及びます。

天井裏の隙間などに雨水が入ると天井が腐食して落ちてくることにつながりますし、柱や壁が腐ってくると家が倒壊しかねません。仮に倒壊しなくても家の強度が大幅に落ちて、地震などに耐えられなくなる可能性もあります。

雨水が入ることで腐食するのは壁や天井だけではありません。家を支えている鉄筋コンクリートやネジなどの金属製のパーツも、雨水に触れることで腐食が進んでいきます。

鉄筋やネジなどの骨組みのパーツは、コンクリートや柱など家の重要なパーツを支えているものがほとんどです。そのような大切なパーツが雨漏りによる雨水でサビてくると、次第に柱や壁の重さを支えることができなくなり、家の強度が弱っていく原因になります。

特に、鉄筋が腐食した場合は鉄筋が支えているコンクリート部分全体の強度が落ち、コンクリートが崩れる原因になります。鉄筋コンクリートは家の基礎部分や壁に使われていることが多く、この部分のコンクリートの強度が落ちてしまうと家の寿命そのものを縮めてしまうような事態にも繋がってしまいます。

さらに、腐食が進んだ部分から穴が広がったり、新たに穴が開いたりすると、そこからも雨漏りが広がってさらなる家の老朽化を引き起こす原因にもなります。

穴が広がったまま放置すると、いつの間にか壁や天井の内部にまで雨水が侵入し、気づかないうちに内部でカビを発生させて壁の染みの原因になっていた、ということも少なくありません。

そのうえ、壁の内部にまで水が浸入すると、コンクリートやネジだけではなく壁の中に充填されている断熱材もダメージを受けてしまいます。断熱材は湿気や水に弱く、一度水分を含むと断熱機能が徐々に低下してきてしまいます。そして、一度でも水分を含んでしまった断熱材の断熱機能は、再度乾燥させても元通りには戻りません。

その結果、雨漏りが原因で家の基礎だけでなく、断熱機能まで弱くなってしまうことになります。家を快適に保つための土台や基礎となる大切な部分が、雨漏りを放置しておくとどんどん弱ってきてしまうのです。

雨漏りは害虫や害獣被害も引き起こす

家の強度を弱くする原因と言えばシロアリですが、雨漏りはシロアリを増殖させることにもつながります。シロアリは腐った木が大好物なので、雨漏りによって腐食した壁や柱はかっこうの住みかとなってしまうのです。

また、シロアリだけでなくネズミやダニなどにも注意が必要です。ドブネズミは水場を好むので、雨漏りを放置していると水場と餌目当てで家の床下に侵入してくることがあります。それだけでなく、ドブネズミの糞が家の中に放置されることでゴキブリなどの害虫が家に集まってくるという恐ろしい事態を引き起こしかねません。

さらに、ドブネズミは様々な病気の原因となる細菌やウイルスを媒介するため、衛生的な問題も発生してきます。ネズミが媒介する病気の中には致死率が高い厄介な病気も含まれているので、ドブネズミを見かけた場合は徹底的な駆除が必要です。

雨漏りが原因で発生する厄介な害虫として、ダニにも注意が必要です。ダニは特に押入れに雨漏りがある場合、布団での繁殖を促してしまいます。非常に増加スピードが速く、一度増えてしまうと完全に駆除するのが非常に大変です。さらにダニに噛まれたり、ダニの死骸を吸い込んだりすることで健康被害を引き起こす原因にもなります。

雨漏りが引き起こす健康被害

雨漏りによって健康被害が出る可能性もあります。湿気によってカビが発生するとアレルギーを引き起こして気管支喘息や鼻炎になることも。水虫の原因である白癬菌もカビの一種です。

アレルギーのない健康な人も要注意です。カビの胞子を毎日吸い込んで生活していると、アレルギーがない人でもカビの悪臭や湿気によるストレスで体調を崩してしまうこともあります。

カビは壁紙の裏など見えないところでいつの間にか大量に発生し、気づかないうちにカビの悪臭が生活空間に侵入してきていることもあります。カビの悪臭を日常的にかいでいると、それだけで強いストレスとなり、やがて体調を崩す原因にもなってしまうのです。

雨漏りが原因で引き起こされる健康被害は、一見して雨漏りが原因とは気づきにくいものも多いです。壁や天井などの目に見える被害と違って、体調不良は目に見えない被害として発生します。そのため、原因が思い至らないまま対処が遅れてしまうことも少なくありません。

大切な家、そして家族の健康を守るためにも、雨漏りには十分注意しましょう。

雨漏りを見つけたらすぐに修理を

雨漏り  修理

雨漏りが発生した場合はすぐに修理するようにしましょう。「でも修理する費用が…」という場合も、業者に一度相談してみることをおすすめします。

軽い雨漏りだからと自分で応急処置を施しても、素人ではやはり行える処置には限界があります。ビニールシートやトタン板で覆うだけの応急処置は雨漏りの根本的な解決にはなりません。

それどころか、応急処置を施したまま長期間放置していると、屋根や天井が劣化してさらに状況が悪化してくることも少なくありません。

早めに修理したほうが、被害が抑えられるので修理代がかえって安く済むということも多いです。

また、業者に相談する前に自分の家が火災保険に加入しているかどうかを確認しておくことをおすすめします。雨漏りは雨や風による災害とみなされて火災保険が下りる場合があり、保険金を使えば自己負担無しで修理することも可能です。これなら、修理費用が心もとなくても素早く修理を依頼することができます。

しかし、この保険金請求は損傷箇所の画像や報告書が必要な場合があり、素人ではなかなか申請するのが難しいもの。そのような場合は、火災保険への申請を代行してくれる修理業者を選んで相談してみましょう。損傷個所の報告書作成や画像の用意など、素人では対応しきれない難しい書類作成を一手に引き受けてくれる業者もあります。

また、火災保険に加入していなかった場合でも、新築後10年以内の住宅であれば自己負担なしで修理することができます。平成12年から、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」という法律の中で、全ての新築物件に10年の瑕疵担保期間が義務化されました。

この法律は、新築住宅は引き渡しの日から10年以内に住宅の耐力上で必要な部分や雨水の侵入を防止する部分に不具合が生じた場合、その修理費用は売り主である業者が負担することを義務付けています。法律で明確に定められた保証のため、購入時に保証書を交わしていなくても無償で修理してもらうことが可能です。

雨漏りを放置するよりも、まず業者に相談を

雨漏りを見つけたら、まずは業者に相談して漏水調査を依頼しましょう。雨漏り自体は雨が降らないと被害が出ないので一見大したことないように見えますが、放置しておくと知らず知らずのうちに家の寿命を大きく縮めることや、家族の健康を損なうような事態にもつながりかねません。

また、一口に雨漏りと言っても漏水箇所によっては家の中に水が侵入してこないパターンの雨漏りもあります。家の壁にいつのまにか大きなシミができていたり、強い雨や風の日に家の中のどこかからポタポタという水の垂れるような音が聞こえてきたりする場合も要注意です。

壁の中や天井裏に雨漏りが発生している場合、気づかないうちに家の老朽化が早まるだけではなく、雨漏りによる湿気で壁や天井にカビが大量発生していることもあり、健康面でのリスクも発生します。

雨漏りや雨漏りを疑うような事態が発生したら、なるべく早めに修理業者に漏水調査を依頼して原因を明らかにしましょう。

雨漏りは放置して自然に良くなることはありませんので、放置しておくと費用面でもより一層悪い事態を引き起こします。雨漏りが広がってから修理を依頼するよりも、最初のうちに素早く修理したほうが家も金銭面でも負担が少なく済むことがほとんどです。

また、費用や手続きなどが心配でなかなか相談できないという場合でも、一度修理業者に雨漏りの原因箇所だけでも見てもらうのがおすすめです。手間のかかる火災保険への申請も、申請代行サービスを利用すれば確実です。

屋根修理業者では申請の代行を行っているところもあるので、火災保険を使うかどうかも含めて、一度相談してみると良いでしょう。

この記事の関連ページ