大阪エリア別で選ぶおすすめの屋根修理業者

地域別おすすめ屋根修理業者ガイドin大阪 » 大阪の雨漏り事情&おすすめ修理業者紹介 » 放置しているとどうなる?

放置しているとどうなる?

雨漏りをそのままにしておくと大切な家の寿命が短くなるだけでなく、健康などさまざまな被害が発生します。こちらでは雨漏りを放置することによって起こりうる悪影響をご説明します。

雨漏り放置は百害あって一利なし

雨漏りを放置しておくと、当然家屋の中に雨水が侵入してきますので、家財道具が濡れることになります。

高かった家具が傷んだり、大切な家電製品がショートして壊れることもありますし、コンセントなどに雨水が入り込むと漏電を起こして火災の原因となってしまうのです。

さらに雨漏りの範囲が広がると大切な家全体に悪影響が及びます。

天井裏の隙間などに雨水が入ると天井が腐食して落ちてくることにつながりますし、柱や壁が腐ってくると家が倒壊しかねません。仮に倒壊しなくても家の強度が大幅に落ちて、地震などに耐えられなくなる可能性もあります。

家の強度を弱くする原因と言えばシロアリですが、雨漏りはシロアリを増殖させることにもつながります。シロアリは腐った木が大好物なので、雨漏りによって腐食した壁や柱はかっこうの住みかとなってしまうのです。

さらに、雨漏りによって健康被害が出る可能性もあります。湿気によってカビが発生するとアレルギーを引き起こして気管支喘息や鼻炎になることも。水虫の原因である白癬菌もカビの一種です。

大切な家、そして家族の健康を守るためにも、雨漏りには十分注意しましょう。

雨漏りを見つけたらすぐに修理を

雨漏りが発生した場合はすぐに修理するようにしましょう。「でも修理する費用が…」という場合も、業者に一度相談してみることをおすすめします。

雨漏りは雨や風による災害とみなされて火災保険が下りる場合があり、保険金を使えば自己負担無しで修理することも可能です。

この保険金請求は損傷箇所の画像や報告書が必要な場合があり、素人ではなかなか申請するのが難しいもの。

屋根修理業者では申請の代行を行っているところもあるので、火災保険を使うかどうかも含めて、一度相談してみると良いでしょう。

この記事の関連ページ