大阪エリア別で選ぶおすすめの屋根修理業者

地域別おすすめ屋根修理業者ガイドin大阪 » 大阪の雨漏り事情&おすすめ修理業者紹介 » ソーラーパネル設置後の雨漏りが発生しやすいのは

ソーラーパネル設置後の雨漏りが発生しやすいのは

太陽光発電を取り入れたソーラーパネルの設置は、節約にもつながり、環境問題の対策に効果的なシステムです。しかし、実際に工事を行ってみると雨漏りの発生や再発の対策を検討も必要ですが、慎重に業者選びを行うことで回避することが可能です。

雨漏りと太陽光発電の因果関係

ソーラーパネルを屋根に設置した後、雨漏りが発生したという事例は多数あげられています。雨漏りの原因となっているのは、「技術」、「知識」、そして「倫理観」の問題になり、住宅の構造や施工技術が関係しているので明確な因果関係を判断するのは困難です。

そこで、いちばん重要なのは、施工実績および、多種多様な物件での施工経験を持つソーラーパネルの設置が可能な施工会社を選ぶことです。これには、技術が関係します。そして、太陽光発電の知識は、製品本体を製作し施工する双方が可能になると解決しやすい問題です。つまり、製品の本体を作っている会社が、自社施工で一貫した責任を取りやすいということになります。

ソーラーパネルの設置後に、雨漏りが発生すれば、倫理観の問題に発展します。つまり、屋根に問題があるのか、太陽光発電に問題があるのか、ソーラーパネルの設置工事に責任があるのかということです。そのため、異常に工事費が高かったり、極端に取付費だけが安かったりという場合には、注意が必要になるでしょう。

ソーラーパネルを設置した後に雨漏りが起きやすい理由

ソーラーパネルを設置した後、雨漏りが起きる場合、屋根とソーラーパネルの耐久性の違いが関係しています。住宅の屋根材の耐用年数は、スレート屋根は20~30年、ガルバリウム鋼板の場合は20~30年、そして日本瓦は40~60年となっています。また、スレート屋根やガルバリウム鋼板の屋根材には、塗装を行いますが、塗装耐用年数の目安は約15年です。

ソーラーパネルの耐用年数は、法定耐用年数で17年とされているので、多く見積もっても約20年は使用できることになります。

つまり、屋根の耐用年数や塗装の耐用年数を考えるなら、ソーラーパネルを設置しても、数年後に再び屋根工事をする可能性があるでしょう。住宅の新築工事でソーラーパネルの設置を行ったとしても、屋根の塗装は、約15年ごとに行うため、塗装のためにソーラーパネルを撤去しなければならないのです。

また、その後の復旧作業においても、塗装がしっかりと施工されているか、防水シーリングを採用しながら行っているかなどの確認は、雨漏りを防ぐために重要なポイントです。

瑕疵工事(雨漏り)低減する対策方法

太陽光発電を取り入れたソーラーパネルの設置の際に発生する雨漏りは、「業者選定」を慎重に行うことで回避できる問題になります。雨漏りの原因がいくつか存在するとしても、住宅や屋根工事、建築構造に関する知識のあるソーラーパネルの施工業者が必要です。これは、多くの場合、知識のある業者が施工をする場合に、発生する雨漏りに関して保証が可能になります。そのため、責任の所在が明確になるので、雨漏りの調査や原因の確認、修理工事や対応が迅速に行われることになります。

さらに、国土交通省は、太陽光発電パネルの設置工事に関して、講習会を設けるように施策しています。その講習会では、住宅の確認や施工技術、検査基準雨漏りが発生しやすい事例への対応など、太陽光発電設置事業者向けの講習を進めており、トラブルの軽減にもつながってきました。

参考

この記事の関連ページ