火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を

実質無料は本当か?屋根修理への火災保険適用とは

HOME » 屋根修理への火災保険の適用について

屋根修理への火災保険の適用について

ここでは、火災保険を使って屋根修理をする際の申請方法や、注意すべき点、代行業者に委託する優位性などを説明しています。

屋根修理に火災保険が適用される理由

火災保険は火災の時に使用するものと思われがちですが、意外と適用範囲は広く、台風・突風・水災・落雷・雪災などで被害を受けた際にも使用することができます。

風災などにより屋根が破損した場合にも適用されるため、屋根修理を火災保険で補償してもらうのは当然の権利として考えてよいでしょう。

申請をする際には屋根が被災したことを証明する必要があるため、損害箇所の写真損害発生状況の資料修理見積などが必要になります。これらをすべて個人で揃えることは難しく、申請しても否決されるか希望の保険金額が下りない可能性があります。

火災保険会社への申請については屋根について詳しいプロの代行業者に委託した方が手続きがスムーズにできます。また、申請書類作成だけでなく屋根修理工事までトータルに対応してくれる業者がお勧めです。

但し、適切な申請を行わないような業者に委託してしまうとトラブルになることがあるので注意が必要です。

この他、火災保険の申請が難しいケースや、すでに修理してしまった場合の火災保険の適用などさらに詳しく解説していますので、これから火災保険を利用して屋根修理を行おうと考えている方は是非参考にしてください。

 
火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を