火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を

実質無料は本当か?屋根修理への火災保険適用とは

HOME » 屋根修理への火災保険の適用について » 申請の方法を知る

申請の方法を知る

ここでは屋根修理をするために火災保険に申請する方法について説明しています。

火災保険の申請に必要なこと

屋根修理のために火災保険を活用するためには申請が必要になります。台風の後に保険会社の方から被害がなかったかどうか確認されるということはありませんし、相談には応じてもらえても請求手続きを手伝ってくれるということはないでしょう。

火災保険請求は個人でもできますが、その場合には自分で被害状況を調べ、業者から修理の見積りをもらい、申請書類を作成して申告する必要があります。

必要な書類・確認事項は以下の通りです。

  • 1.保険金の請求書
  • 2.損害額を証明する書類(修理見積)
  • 3.当該箇所の写真(損害の証拠写真)
  • 4.事故の原因、事故発生の状況、損害発生の有無および被保険者に該当する事項
  • 5.保険金を支払わない事由に該当しないかどうかの事項の確認
  • 6.損害の額と損害および事故との関係(事実関係)

申請が提出されてから通常であれば30日以内に補償金が下りますが、事実関係の調査するための猶予期間が90日あります。

個人では難しい被災証明

個人で火災保険の請求申請をすることができることは間違いありませんが、実際に申請をしようとするととても煩雑なことがわかります。

例えば具体的にいつ被災したのか、その時の状況や原因などわからないということもあるでしょう。また、被害状況を説明するために写真撮影が必要になりますが、屋根に上ってそれを行うのは大変危険です。

また、申請すれば100%被災が認定されるとは限りません。保険会社の調査で経年劣化によるものと判断されれば保険金は下りませんし、風災が認められても修理見積の全額が支払われないケースも考えられます。

素人では屋根の破損が経年劣化に因るものなのか、風災による被害なのか判断することも難しいですし、現実的に個人で申請を行うことは困難と考えてよいでしょう。

火災のように被害が明らかなケースと違って風災による屋根の被害の原因や被害状況を個人で説明するには限界があるからです。

≫≫火災保険の申請を成功させるためには≪≪

 
火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を