火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を

実質無料は本当か?屋根修理への火災保険適用とは

HOME » 屋根修理への火災保険の適用について » 代行業者への委託がお勧め

代行業者への委託がお勧め

ここでは屋根修理の火災保険申請を代行業者に委託することついて説明しています。

屋根修理の火災保険請求は個人では難しい

屋根修理の火災保険申請の大まかな流れは以下の通りです。

火災保険会社へ事故報告

損害確認、保険請求書類の提出

提出書類の確認、損害額の確定

保険給付金の支払い

事故を報告して書類を提出するだけだから個人でもできそうな気がしますが、実際はそう簡単には行きません。屋根の破損が風災によるものであることを、保険会社に納得させるだけの資料や写真などを用意しなければならないからです。個人で火災保険請求を行うと、そのほとんどが大幅減額や否決とされているのが現状です。

屋根修理で火災保険を活用したいと考えている場合は、すべて個人で申請を行うのではなく申請書類の作成を代行している業者に依頼するとよいでしょう。代行業者の場合、どのような資料を作成すれば保険請求が通りやすいかよくわかっていますし、何より屋根について詳しいので被災状況も正しく判断することができます。

また、屋根に上って写真撮影をするような危険なことも行ってくれるので安心です。

保険請求から修理手配まで委託できるところを選ぶ

屋根修理の火災保険請求は代行業者に委託する方がよいことは、すでに説明した通りですが、できれば屋根修理の工事の手配までトータルにサポートしてもらえる業者を選ぶことをお勧めします。

保険申請書類の作成代行のみをお願いするのもよいのですが、結局どこかに修理の依頼をすることになりますので、屋根の状況をよくわかっている代行業者が修理工事の手配を行ったほうがスムーズです。

ほとんどのケースでは代行業者自身が屋根修理も行っている、または数多くの修理業者と提携していますので、保険金が下りたらそのまま修理工事の発注をするだけで大丈夫。

保険申請の時に提出した見積書の金額に従って修理を行うので、無事保険金が下りれば実質的には負担なしのゼロ円(無料)で屋根の修理ができてしまいます。

ただし、代行業者を選ぶ際には、できるだけ実績があって評判の良いところを選ぶようにしましょう。

≫≫火災保険を使用した屋根修理を行う業者リスト≪≪

 
火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を