火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を

実質無料は本当か?屋根修理への火災保険適用とは

HOME » 屋根修理への火災保険の適用について » 屋根修理に火災保険は使用できる?

屋根修理に火災保険は使用できる?

ここでは屋根修理に火災保険を使用することの妥当性について説明しています。

意外と適用範囲が広い火災保険

火災保険というとその名称から「火災」の時だけ使用すると思われがちですが、実際は台風・突風・水災・落雷・雪災など多く自然災害に対しても適用される内容になっています。気になる場合は、保険証券などに記載されている補償内容に目を通してみるとよいでしょう。

多くの場合、そこには火災だけでなく風災、水災などの項目があります。風による家屋の被害を風災と言いますが、これには雹災(ひょうによる家屋の被害)や雪災(雪による家屋の被害)なども含まれます。

水災は地震が原因ではない高潮の被害や、台風や大雨によって川が氾濫し浸水したりする被害が対象となります。

火災保険には大きく分けると住宅を取り巻くあらゆるリスクを総合的に補償する「住宅総合保険」とベーシックな補償タイプの「住宅火災保険」の2種類があります。

住宅火災保険では水災の補償がないことはありますが、風災に関しては補償内容に含まれています。この他、現在では火災保険の種類も豊富になっていますので、まずは内容についてよく確認してみることが重要です。

屋根修理に火災保険を活用するのは当然の権利

ここで火災保険を活用した屋根修理について考えてみましょう。台風で瓦が飛ばされた、突風でどこかの看板が剥がれて自宅の屋根に当たって破損、雪の重みでトタン屋根に穴が開いてしまったなど、明らかに風災事故と考えられる場合は間違いなく火災保険が適用されます

また、自覚症状が無い場合でも築15年以上の建物であればそのほとんどが、台風・突風・落雷・雪災のいずれかで何らかのダメージを受けていると言われています。

保険会社に申請して「風水被害」と認定されれば屋根修理をするための費用を保険金でカバーできるのです。火災保険とは本来そういうものであり、台風や水害による被害に火災保険を活用するのは当然の権利と言えます。

屋根の漆喰がはがれている、瓦の割れや浮き、ずれなどを発見した場合は、風災の可能性があるので自費で修理する前に、火災保険が使えるかどうか専門の業者に相談することをおすすめします。

≫≫専門の業者へ相談をするメリットとは≪≪

 
火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を