大阪エリア別で選ぶおすすめの屋根修理業者

地域別おすすめ屋根修理業者ガイドin大阪 » 火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を【大阪編】

火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を【大阪編】

roof

屋根修理には火災保険が適用される

屋根修理に火災保険が使えることはご存知ですか?

火災保険とは火災が起きたときに損害を保証するための保険と思われている方も多いかと思いますが、実は他にも風災や水害、雪害などの自然災害も保証対象となります。

屋根は常に屋外にさらされているので、台風や雨、雪などによって少しずつダメージを受けていて、雨漏りの修理には火災保険が適用されるケースが多くあります。

雨漏りでお困りの際には、火災保険の利用も視野に入れてみましょう。

火災保険を利用して屋根修理をするための基礎知識

火災保険が適用される条件

いくら火災保険が適用されるからといって、全ての屋根修理が自己負担ゼロでできるわけではありません。

いったいどのようなケースに火災保険が適用されるのでしょうか?こちらのページでは具体的な要件などを説明しています。

屋根修理に火災保険が適用される条件について詳しく見る

申請の方法と流れ

火災保険で屋根修理をする際には申請が必要となり、用意する書類もさまざまあります。

ただ、調査や書類作成は専門的な知識がないとなかなか難しい部分もあります。どのような準備が必要なのかをしっかりと把握しておいてください。

また、専門知識と経験をもつ業者に依頼すれば効率的に申請を行うことができます。

屋根修理における火災保険の申請の方法と流れについて詳しく見る

メリットとデメリット

自己負担なしで屋根修理ができる火災保険ですが、トラブルなどのデメリットもありますので、事前にリスクを知った上で申請を行いましょう。不要なトラブルを避けるための方法もご紹介します。

屋根修理に火災保険を使用した場合のメリットとデメリットについて詳しく見る

悪質業者に注意!

多くの屋根修理業者はまっとうな商売をしていますが、中には消費者を騙してお金儲けをする業者も存在します。悪質業者の見分け方を知ってトラブルを回避しましょう。

最悪の場合、保険金詐欺の片棒を担がされてあなたが犯罪者になってしまうケースもありますので、特に甘い言葉で近寄ってくる業者には要注意です。

屋根修理の火災保険を利用した詐欺手口について詳しく見る

申請前に修理をしてしまった場合は?

工事をした後に火災保険が適用できるということを知ったときでも諦めないでください。工事後でも保険が適用されるケースがあります。風や雨などでの災害が明らかであれば申請をしてみることをおすすめします。

ただし、申請して保険金が下りないなどのリスクも把握しておいてください。

火災保険の申請前に屋根を修理をしてしまった場合について詳しく見る

大阪で火災保険を利用した屋根修理を行うなら…

おトクに屋根修理ができる火災保険ですが、申請が難しかったり、デメリットもあったりするなど、素人が行うには限界があります。そこで、専門知識をもった業者に申請を依頼するのが良いかと思います。

第三者機関が綿密に屋根の損傷状況を確認して書類を用意し、保険会社に申請を行います。過去の実績も豊富で、自己負担なしで屋根修理ができたというケースも。

特に大阪で火災保険を利用した屋根修理をするなら雅工房がおすすめ

雅工房は大阪で火災保険にも対応している、屋根修理業者。

たとえ保険料で工事費用が全額賄わられなくても、10万円以上の費用が保険会社から出たという実績も数多くあります。

ぜひ、火災保険を使っておトクに屋根修理を行いましょう。

雅工房公式HPキャプチャ
画像引用元:雅工房公式HP
http://www.miyabi-kobo.com/

雅工房を公式HPで詳しく見る

経年劣化の雨漏りは?大阪で火災保険の適用外となるケース

経年劣化によって生じた屋根の雨漏り被害は、保険適用外のケースがほとんどです。瓦と違ってスレート屋根や金属屋根などの雨漏り被害は経年劣化しやすいので申請の際には注意が必要です。

大阪だけに関わらず、火災保険の被害査定は、保険会社や鑑定会社から派遣される調査員(損害鑑定人)によって行われますが、屋根の雨漏り被害が保険適用となるか否かは、その調査員次第でもあります。

しかし、建物の老朽化や長年の風化によって生じた雨漏りまで適用してしまえば、保険会社は莫大な保険金を支払わなければなりません。 そのため、調査の内容もとてもシビアです。

建築年数が長ければ長いほど、建物は老朽化し「経年劣化による雨漏り」の可能性も高くなるわけですが、鑑定した結果、台風や積雪がきっかけの雨漏りだったというケースも稀にあります。

雨漏り被害の原因が自然災害であるか経年劣化であるかは専門の鑑定人に見てもらうのが一番ですが、鑑定人の知識や経験数、火災保険会社の背景などもありますので、ご自身でもある程度の知識を持って納得できる鑑定をしてもらうのが良いでしょう。

他にもいろいろ!屋根修理が火災保険の適用外になるケース

roof

地震や山の噴火に津波などの自然災害

地震や噴火、津波による屋根被害は火災保険の適用外というのが一般的です。この3つは、自然災害ではありますが、被害範囲がとても大きくなる可能性があるため、火災保険会社だけでまかなうにはリスクが大きくなるので、保険適用外になります。

たとえ、地震がきっかけで火災が起きて屋根が破損した、あるいは津波によって漂流物が屋根にぶつかって破損した、そういった間接的な原因だったとしても、おおもとの原因が地震、噴火、津波であれば適用外とみなされてしまいます。

重過失による火災

火災保険の契約者や被保険者の「重要な過失」が原因による被害も保険適用外となります。

重要な過失とは、故意ではなかったにしろ注意しなければ大変なことになると想定できていたのにもかかわらず、それを怠ったという事案です。

たとえば、こどもが起こした火事などもその一つです。 こどもの監督責任は親にあり、火遊びをした子供の監督責任を怠ったのは親である契約者。つまり、「契約者の重過失」とみなされ、保険金は支払われないという結果になります。

ただ、裁判まで行った場合、同じ事例でも重大な過失ではないと判決が下されて、保険金が支払われたというケースもあります。

しかし、寝たばこ、ガスコンロ放置、暖房器具の消し忘れなど、重過失に払拭する事案はさまざまあります。石油ストーブに間違ってガソリンを入れてしまった……という判断が微妙なケースもあります。

線引きがとても難しい為、裁判沙汰になる事も多いのが現状です。

この記事の関連ページ