大阪エリア別で選ぶおすすめの屋根修理業者

地域別おすすめ屋根修理業者ガイドin大阪 » 種類別に見る屋根修理の費用相場【大阪編】

種類別に見る屋根修理の費用相場【大阪編】

ここでは、屋根の種類別の特性(メリット・デメリット)や屋根修理にかかる費用相場について説明しています。

瓦・スレート・金属それぞれの屋根の修理について

屋根は大きく分けると、瓦屋根、スレート屋根、金属屋根の3つの種類があります。それぞれのメリット、デメリット等をまとめてみました。

 屋根の種類  メリット デメリット  費用相場 
 瓦屋根 高級感がある
耐久性-大(40~50年)
耐火性、防水性、遮音性に優れる
比較的高価
重い(耐震性に劣る)
衝撃により割れる
10,000~15,000円/㎡
 スレート屋根 価格が安い
施工がしやすい
軽い(耐震性に優れる)
防水性に劣る
定期的に塗替えが必要(10~15年)
強風で棟部分が破損しやすい
4,500~5,500円/㎡
金属屋根 比較的安価
軽い(耐震性に優れる)
耐火性、防水性に優れる
加工がしやすくデザイン性に優れる
定期的に塗替えが必要(10年)
遮音性、耐熱性に劣る
老朽化で浮いたり剥がれたりする
塩害により腐食が早まる
5,000~8,000円/㎡

以上のように、どの屋根にも一長一短あるため、どれが一番ということはありません。

共通して言えることは、長期間メンテナンスをしないで放置しておくと、天候や経年劣化によって何らかの痛みが生じ、ひどくなってしまうことです。

全面葺き替えが必要になってしまうと、どの屋根もかなりの費用がかかることになります。定期的にメンテナンスを行い、傷が浅いうちに手当てをしておくことが重要です。

ここでは、さらに詳しく各屋根の特徴や修理について解説していますので、これから屋根修理を検討している方は、参考にしていただければ幸いです。

屋根の種類

瓦屋根

日本家屋に見られる昔ながらのスタイルの屋根です。耐久性が高く、メンテナンスすれば40~50年ほど長持ちします。

ただ、瓦の割れやずれによって雨漏りが発生するケースが多いので、日頃から損傷がないかチェックすることが必要です。また、漆喰が劣化して雨漏りするケースも多くあります。

瓦屋根について詳しく見る

スレート屋根

粘板岩を薄く加工した板を敷き詰めた屋根です。瓦屋根と比較すると寿命は30年ほどと短めで、塗装の塗替えメンテナンスなども必要ですが、瓦屋根よりも軽量で、安価に施工できるメリットもあります。

屋根の損傷の他、板金の損傷も雨漏りの原因となることが多いので、特に台風や強風の後には損傷がないかをチェックするよう心がけてください。

スレート屋根について詳しく見る

金属屋根

銅、ステンレス、アルミ、ガルバリウム鋼板などの金属を素材に使った屋根。軽量でしかも耐震性や防水性、耐火性に優れていて、デザインの自由度も高い屋根です。

寿命は40年ほどですが、スレート屋根と同様塗装の塗替えなどのメンテナンスが必要です。金属なので水分や塩分の腐食に弱く、錆びが雨漏りの原因になることが多いので、屋根に錆がないかこまめに確認しましょう。

金属屋根について詳しく見る

この記事の関連ページ