大阪エリア別で選ぶおすすめの屋根修理業者

地域別おすすめ屋根修理業者ガイドin大阪 » 種類別に見る屋根修理の費用相場【大阪編】 » アスファルトシングル

アスファルトシングル

アスファルトシングルの大阪での修理費用の相場

アスファルトシングルを使用した屋根の修理費用をまとめました。

屋根を修理するといっても住宅のリフォーム工事に近いため、足場の設置をはじめ修理以外のさまざまな作業が必要になります。

費用は修理する前の屋根の状態や施工する面積によっても変動があります。

そのため、こちらではそれぞれの作業にかかる費用相場を紹介していきます。

仮設足場 750円/㎡
下葺き材 700円/㎡
屋根材料 本体工事:5,000円/㎡
棟板金 3,000円/m
管理諸経費 15,000円/日
駐車場代/搬入搬出費 適宜必要時に相談

アスファルトシングルの屋根修理はこのような相場になっています。

屋根材本体の費用は他の材料と比べ比較的安価であることが多く、負担が抑えられるでしょう。

一例を挙げると、築年数25年の住宅で工期10日の場合ではトータルで100万円ほど。築年数30年で工期が13日の住宅では110万円ほどとなります。

築年数50年の住宅で工期が3日だと42万で済むといったように、築年数や工期、屋根の状態によって費用が大きく変わることがわかるでしょう。

屋根の状態と修理の範囲について、業者と相談することが重要です。

アスファルトシングルとはどんな屋根?

アスファルトシングルは、100年以上前にアメリカで開発された素材です。アメリカやカナダなどでは一般的な屋根材のひとつで、「シングル」と呼ばれることもあります。

軽量で柔らかいうえに加工がしやすく、さまざまな色が選択可能。機能とデザインが両立した屋根素材で、耐震性に優れる点も魅力です。

アスファルトシングル屋根のメリット

防水性と防音性が高い

アスファルトシングルは、仕上げ材に防水シートが使われており、防水保証が10~30年と長めに設定されている商品が多くあります。

また、表面に施された天然石が緩衝材となり、雨音が気になりません。

柔らかく、加工・施工が簡単

アスファルトシングルは、柔らかいシート状のものでカッターやハサミで簡単に切ることができます。

曲面にも貼ることができ、複雑な形状の屋根でもOK。DIYでの使用が多いことからもその扱い易さが伺えます。

専用のセメント(専用接着剤)を使用することにより釘などの使用を極力抑え、穴を開けずに施工することが可能です。

軽量だから家の耐震性が上がりやすい

アスファルトシングルは、同じ面積あたりの重さが屋根瓦の約5分の1、スレート屋根の約2分の1と非常に軽いのが特徴です。

屋根が軽いと家全体の軽さにつながるため、地震が来た際の被害が少なく済むといわれています。

アスファルトシングル屋根のデメリット

アスファルトシングルは多くのメリットを持つ屋根材ですが、デメリットも存在します。

まずカビやコケが生えないようにする工夫が必要です。強風の際には屋根がはがれるおそれもあり、メンテナンスの面で気をつけなければならない点が多くあります。

勾配のない屋根への施工に不向きなのもデメリットといえるでしょう。アスファルトシングルの施工を行っている業者もまだまだ少ないため、施工する際はプロの施工会社に依頼する必要があります。

この記事の関連ページ