大阪エリア別で選ぶおすすめの屋根修理業者

地域別おすすめ屋根修理業者ガイドin大阪 » 種類別に見る屋根修理の費用相場【大阪編】 » スレート屋根

スレート屋根

スレート屋根のメリット・デメリット、修理にかかる費用の相場などをご説明します。

軽量で施工しやすく価格も安い

スレート屋根は粘板岩を薄い板状に加工した板を敷き詰めた屋根で、一般的にはコロニアル屋根という名前で知られています。天然スレートや石綿スレート、無石綿スレート、コンクリート系スレートなど種類が豊富です。

昔は石綿を使ったものが主流でしたが、現在ではセメントを減量に、粘板岩の粒子を混ぜたスレートが主流で、瓦屋根と比較すると軽量で施工がしやすく、価格が安いというのがメリットです。

一方で瓦屋根と比較すると耐久性と防水性が低く、10~15年に1度くらいの頻度で定期的に塗り替えが必要など、メンテナンスの手間もかかります。寿命も30年程度と瓦屋根と比較すると短いです。

また、強風などで棟の部分が損傷しやすく、台風で板金が飛ばされてしまうというトラブルが多いです。瓦屋根では瓦の割れやずれが主な雨漏りの原因ですが、スレート屋根は板金の損傷も雨漏りの原因として多い傾向がありますので、特に台風や強風の後には板金部分が損傷を受けていないかチェックしましょう。

瓦屋根と比較すると安価ではありますが、その分瓦以上にメンテナンスが重要となるのがスレート屋根の特徴です。

スレート屋根の大阪での修理費用相場

大阪でのスレート屋根の修理費用相場はだいたい1㎡あたり4,000~6,000円程度で、瓦屋根と比較すると半額で済みます。また、全面葺き替えの場合は1㎡あたり10,000~15,000円が相場です。これ以外に棟包み板金の撤去や大棟、棟包み板金施工などの費用が必要となります。

また、先程もご説明したように10~15年程度で表面の塗料が色あせたり、ひび割れが生じるケースがあるので、塗り替える必要がありますが、塗装メンテナンスの場合は1㎡あたり2,000円程度が相場です。

塗料によって料金が異なり、シリコン系塗料は比較的安価です。一方フッ素系の塗料はシリコン系と比べると高価になりますが、防水性なども高いので雨漏りを防ぐには効果的です。

この記事の関連ページ