火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を

実質無料は本当か?屋根修理への火災保険適用とは

HOME » 種類別に見る屋根修理の基礎知識とその相場 » 瓦屋根

瓦屋根

ここでは瓦屋根の特徴や修理にかかる費用相場などについて説明しています。

耐久性に優れ長持ちするがメンテナンスは必要

屋根瓦は粘土・セメント・コンクリートなどを原料とし、他の屋根材に比べて耐久性に優れているのが特徴です。手入れをしっかりと行なえばかなり長持ちすると言われ、約40年~50年の寿命があります。

但し、耐久性にいくら優れているとはいえ、安心して全く手入れをしないと不具合が発生する危険があります。何かの衝撃で割れてしまったり、台風や突風でずれてしまうといったことがあるからです。

不具合をそのまま放置してしまうと、そこから雨水が浸入して防水シートを傷めたり、野地板を腐らせる原因になります。雨漏りに気がついた時には手遅れで、全面葺き替えをしないといけなくなってしまうこともあるので要注意です。

この他、屋根の合わせ部分の棟瓦と呼ばれる部分には漆喰が使われるのですが、地震や年数による劣化で剥離したり、剥落することがあります。これも雨漏りの原因となりますのである程度年数が経った家は点検することをおすすめします。

瓦には和瓦の他に洋瓦もあり、最近は見かける機会も増えました。洋瓦は元々は日本とは異なる気候風土で使用されるもので、日本のようにはっきりした四季があり、湿気の多い風土には合わない面もあります。

瓦内部の水分が凍結して破損したり、梅雨時期の雨に長く晒されると屋根に雨が周ってしまい、雨漏りの原因になることもあるため洋瓦の場合は特に気をつけたほうがよいでしょう。

どのような瓦であってもメンテナンスを定期的に行うことが重要で、それが雨漏り等の発生を未然に防ぐことにつながります。

瓦屋根の修理費用の相場

瓦屋根の修理は本体、棟(大棟、隅棟)、軒先、谷部分、壁の取り合い部分などがあります。全国の瓦工事連盟が定めた修理料金表によれば、どんな小さな修理でも基本料金で10,000円が発生し、その他は修理箇所、範囲によって料金が異なるシステムになっています。

費用相場としては、瓦の種類によって多少異なりますが10,000~15,000円/㎡程度考えておけばよいでしょう。

瓦自体は何十年も持ちますが、気をつけなければならないのが漆喰です。台風や豪雨などで崩れてしまった箇所を放置してしまうと棟の下の土がくずれてきて、棟の瓦とともに棟瓦のやり直し工事になってしまいます。

漆喰のみのやり直しであれば、70,000円程度で済みますが、棟瓦のやり直しは段数が増えるごとに修理費は高くなり、高額な修理代が必要になってしまうことがあります。

実際の修理代金は施工業者を呼んで見積りをとってみないと明確にはわかりません。修理の費用相場は参考程度に考えた方がよいでしょう。気になる場合は必ず業者に見積りを依頼するようにしてください。

 
火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を