火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を

実質無料は本当か?屋根修理への火災保険適用とは

HOME » 【特集】火災保険を利用した無料の屋根修理業者とは » 悪徳業者の特徴

悪徳業者の特徴

ここでは悪質な屋根修理業者や詐欺まがいの業者などの特徴について紹介しています。

屋根修理の悪徳業者の手口

屋根の修理をすすめる業者の中には悪徳業者が少なからずいるということを忘れてはなりません。

悪徳業者とは依頼主をだまして不当に利益を得ようとする業者のことで、その手口を知っておかないとうまく乗せられてだまされる可能性があり、大変危険です。

以下のようなケースは悪徳業者の可能性がありますので注意が必要です。

  • アポイントなしの飛び込み営業で、工事が早急に必要だと不安を煽り、強引な勧誘をして高額な見積もりを通そうとする。
  • 最初に高額な見積りを提示して、その後大幅な値引きをして依頼主を安心させ、いざ工事が始まってみると追加工事が必要だと迫り、最終的には高額な請求をしてくる。
  • 他社の見積りを見て、この値段より安く工事をするなどと言う業者。極端に安い場合、手抜き工事を行い不当に利益を得ていることが多い。
  • 「○○一式」という曖昧な表現で、工事内容について詳しい説明をしなかったり、書類確認が疎かになっているといったケース。
  • 工事後に明らかに屋根が歪んでいるなど、素人目にも外観がおかしい場合はしっかり工事が行われていない可能性が高い。
  • タバコを吸いながら作業を行っているなど、工事中の修理業者の態度や行動が信用できない。
  • 工事完了後に写真を見ながらの説明も行わず、依頼主の質問にも応じないなど、アフターフォローを全く行わない。

突然の飛び込み営業は断る方が安全

この他、極端な例になりますが、突然訪問し強引に屋根に上がって正常な屋根を壊して写真を撮影する、あらかじめ用意した壊れた屋根の写真を見せるといった悪質なケースもあります。

こうなると完全な詐欺になりますので、そのような業者に間違って依頼してしまうと大変なことになります。無料点検と言いながら後から技術料・撮影料などの名目で高額な料金を請求されるといったこともあります。

飛び込み営業だからすべてが悪徳業者ということはありませんが、悪質な業者の確率が高いといったことは頭に入れておいたほうがよいでしょう。見知らぬ業者の飛び込み営業は、最初の段階ではまずは断って、冷静な状態でよく検討することをおすすめします。

 
火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を