火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を

実質無料は本当か?屋根修理への火災保険適用とは

HOME » 【特集】火災保険を利用した無料の屋根修理業者とは » 無料で屋根修理を行う理由

無料で屋根修理を行う理由

ここでは火災保険を活用して無料で屋根修理ができる仕組みについて解説しています。

実質負担がゼロの屋根修理とは

インターネットでなどで検索すると「無料で屋根修理」という言葉をよく目にします。屋根修理の工事を無料でやってくれる業者など本当にあるのでしょうか。

正確に言うと工事費自体が無料になるわけではありません。風災で破損してしまった屋根は火災保険が適用になるため、保険会社に補償請求をして、下りた保険金で屋根修理をすることで実質費用負担なしで工事が可能になるという仕組みです。

屋根修理を行う業者は屋根の被害状況の調査を無料で行います。風災による被害が確認されなければそこで終了するので料金はかかりません。

調査の結果、被災が確認された場合は、保険会社に提出する申請書類は代行して作成してもらうことができます。依頼主がそれをもって保険会社に請求し、保険金が下りたら屋根修理の工事を依頼して着工という流れです。

屋根修理業者は手数料を工事会社から受け取るか、下りた保険金の中から徴収するため保険金以外に別途費用が発生することはありません

万が一、申請が却下され保険金が下りなかった場合は工事は行わなわず、手数料も発生しないので負担はゼロというわけです。

≫≫実質負担0円で屋根修理ができる業者一覧≪≪

屋根以外も補償対象になる

屋根の修理ばかりが強調されていますが、雨樋、アンテナ、塀、ガラス、テラス、カーポート、給排水設備の破損など風災による被害が認められれば火災保険の補償対象になります。

したがって屋根以外の修理に関しても火災保険を活用すれば実質無料で行うことができるということになります。

屋根以外の箇所も調査をしてもらい、保険で修理できるところはすべて工事してもらったほうがよいでしょう。自覚症状がなくても被災していることが発見されるかもしれません。

気になる工事の仕上がりですが、すでに説明したとおり工事自体を無料で請け負うわけではなく、修理代金は保険金の中からしっかり支払われるため、よほど悪質な業者でない限りいい加減な工事をされるという心配はありません

 
火災保険を賢く利用して満足できる屋根修理を